FC2ブログ

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# 放課後秘密倶楽部.2

後ろから話しかけられた。今朝玄関で別れた姫香の声だ。

「あの、先輩……準備室なんてどこにも」

「ふふふ……こっちよ」

姫香に手を引かれ、やってきたのは掃除ロッカーの前

「この掃除ロッカーの裏にね、秘密の扉があるの」

そう言うと姫香はロッカーを少しずらした。中はほとんどカラで姫香でも少し力を入れたら簡単に動く。ローカーをの後ろにドアノブが見えた。

「こんな所にドアが……」

「このドアは押し扉だからロッカーを少しずらすだけで入れるの」

ドアノブをひねり、ゆっくり押し開けた。
中に入ると所狭しと薬品棚が並ぶ。しかし中身はカラ。あとは乱雑に試験管やらアルコールランプなどが段ボール箱の中に入って置かれているだけだった。

「ここね、もう使われなくなったんだって」

「そうなんですか……」

思えば今、姫香と二人きり、人気のない放課後、密室に近い部屋……何か間違いが起きてもおかしくない状況だなと思った。いや、いくら姫香が魅力的でも無理矢理すれば今日の痴 漢となんら変わらない。そもそも放課後秘密倶楽部とはなんなのか姫香に聞かなくてはならない。

「あの御子柴先輩、この紙に書いてあった放課後秘密倶楽部って……」

ポケットから紙を取り出して姫香の方へ振り返ると、思わず目を疑った。姫香はプチプチとワイシャツのボタンを外していたのだ。

「ちょ!御子柴先輩⁉何してるんですか⁉」

思わず目を瞑って顔を背けた。目の前で美人の先輩が突然ストリップを始めたのだ。もう頭は大パニック寸前である。

「何って、今朝のお礼をしようと思って」

「お礼って言ってもなんで脱ぐ必要があるんです!」

「あら、今時ウブな男の子もいるのね。ひょっとして童貞かしら?」

(み……ッ御子柴先輩の口から童貞と言う言葉が……!)

ハラリとシャツが床に落ちる。

「こっちを見て」

夏樹はゆっくり目を開けて姫香の方を見る。そこにはブラジャー姿の姫香が立っていた。白く透き通るような肌、ふっくらした胸部に深く刻まれた谷間。上気した頬で夏樹を見つめている。

「さぁ、夏樹くんもはやくズボンを下ろして」

「え⁉こ……ここで……ですか?」

「そうよ。私が凄く気持ちイイ事してあげる」

普段から想像できないような言葉がどんどんと姫香の口から紡がれる。いつの間にか距離を詰められ、夏樹に腕を回してキスをした

「んっ⁉……んんっ」

(せせせせせ先輩が……ッ!先輩が俺にキスを……ッ!)

行き場の無い手をつかまれたかと思うと姫香の胸に誘導させられる。凄い弾力だ。夏樹の掌如きでは収まりきれない質感と柔らかさ。指が沈んでいく

「す……すごい……これが御子柴先輩のおっぱい……!」

感想がすべて声に出るくらいの衝撃を受けた。

「ブラも外して」

姫香に言われるがままブラジャーのホックに手をかける。しかし手が震えてなかなかうまく外せなかった。そんなぎこちなさを可愛いと言って再びキスをした。姫香の舌が歯の間を抜け侵入する。悶絶する程の舌業にホックを外す手が止まる。夏樹の下半身の獣は早く出せと主張してきた。膨張した欲望を解き放ちたいと言う意思を読まれたのか、姫香はベルトに手をかけ、器用に外していく。
気がついた頃には夏樹の欲望が顔をだしていた。

「ちょ―――⁉」

「女の子のブラも外せないようじゃまだまだね」

そういうと自らブラジャーを脱ぎ捨てた。小ぶりのピンク色した乳首が揺れる。窮屈な布地から解き放たれプルプルと揺らしながら、姫香は跪く。そしてその大きな双乳を持ち上げ、夏樹の反り返った雄を優しく包み込んだ。そのまま包み込んだ肉を上下に擦る。

(俺、御子柴先輩にパイズリしてもらってる!)

「夏樹くんのオチ○ポいただきま~す」

姫香は夏樹の亀頭に舌を這わせた。くるくる先端を舐めたらゆっくり竿部分を口の中に沈めていく。口を窄めて軽く吸い上げ、裏筋やカリ部分を丁寧に舐めていく。

「ん……っちゅ……ちゅぱ……んぅ……じゅぽ……んちゅ……」

「先輩……そんな吸い上げたら……ッ、うっ……くぅ……」

「んふ……んぅ、んっ、んっ、ぢゅぽ……ちゅく……」 

姫香の舌が上下するたびに射精感が高まっていく。。もう今すぐ爆発させてこの柔らかな口内に解き放ちたいと思った。

「ん~?もうでちゃう?」

姫香は意地悪っぽく上目使いをして、さらに緩急をつけておしゃぶりする。まるで挑発しているみたいだ。我慢もそろそろ限界に近い。
 
「せんぱ……い……もう……だめっ、イク……っ……う…ああぁああっ!」
 
姫香の頭を抱えてありったけの精をぶちまけた。
 
「んぐっ……!」
 
その量はすさまじく、口端から溢れだす。
 
「ん……っちゅ……こんな量……んぅ……初めて……凄い……」
 
姫香は精管に残った精子まで吸い上げる勢いでしゃぶりつく。
 
「はぁいお掃除おわり。どう?気持ちよかった?」
 
「はい、とても……」
 
まさかこんなテクニックを持っていたとは……なかなか侮れない先輩だと思ったその時―
 
ギィ…
 
と、扉の開く音が聞こえた。
 
(マズイ!誰かきた!こんな所見られたら……!)
 
 
「よう、ヤッてるな」
 
「ええ、先にはじめてたわよ」
 
見知らぬ顔が3人入ってきた。姫香は特に慌てた様子はない。その口ぶりから顔見知りであると窺える。
 
「夏樹くん、改めまして【放課後秘密倶楽部】へようこそ!」
 
放課後秘密倶楽部、ずっと聞きたかった単語だ
 
「なんなんですか……?放課後秘密倶楽部って……」
 
「放課後に空き教室で快楽を研究する部活よ。あ、もちろん非公式。こんなの学校側が認めてくれないし。この化学準備室は長い事使われてないみたいだし、こっそり部室として利用してたの」
 
そうだったのか。と納得したが何故自分がここに居るのかが知りたい

「どうやらお前は姫香に気に入られたらしいな」
一番体格のいい男が話しかけてきた。3年の長谷川というらしい。

「ちなみに部長は私。他にも男女合わせて5人ほどメンバーがいるわ。ねぇ夏樹くん、君もこの部活に入って欲しいの」

熱っぽい視線を向けられる。こんな目で見られたら……

「わかりました、ここまでされたんで入部します……」

ここまでと言うのはパイズリフェラの事だ。

「本当⁉嬉しい!じゃあ早速、新入部員歓迎乱交パーティしましょ!」

「他のメンバー来れないみたいなので、姫香さんのみになりますよ?」

「構わないわよ~むしろ望むところよ!」

何この部活ノリが雄雄しい。早くもついていけてない。眼鏡をかけた少し小太りの男、小島がビデオカメラを取り出した。
 
「姫香ちゃ~ん、今日も綺麗に撮ってあげますよ~」
 
「え~小島くんオマ○コしか撮ってくれないじゃない~」
 
姫香はいつの間にかスカートを脱ぎ、パンツまで手をかけている所だった。
 
(先輩の全裸っ!)
 
あまりに美しすぎて、もはや直視できない。萎えた雄が再び熱暴走の兆しをみせる。
 
「夏樹くんもう復活してるのね。絶倫は大好きよ」
 
最後に身に付けていた布地も床に落ちた。生まれたままの姿で机の上に寝そべり、脚をM字に開いた。姫香の赤い花弁が開く。その姿に思わず息をのんだ。姫香の蜜壺からはすでにトロトロと蜜が溢れていた。
 
「主役は夏樹くんなんだから、一番最初に入れさせてあげる」


放課後秘密倶楽部




たからさがしのなつやすみ ダウンロード販売

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# 自己紹介

羽生ゼノン

Author:羽生ゼノン
官能小説書いています。人妻、寝取られ、ハーレム、おねショタ、ファンタジー等執筆していきます。18歳未満閲覧禁止。
全物語はフィクションであり、実在の人物、団体名とは一切関係ありません。
サイト内の文章の著作権は放棄していません。無断転載等ご遠慮願います。

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
23099位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
547位
アクセスランキングを見る>>

#  

モッピー!お金がたまるポイントサイト お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。