FC2ブログ

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# 隣の人妻

じりじりと焼け付くような太陽の熱が降り注ぐ夏、三島(みしま)郁人(いくと)はクーラーの効いた部屋で夏休みの課題を終わらせるためにペンを走らせていた。

「休みもあと十日か……」

そんなことがつい口からこぼれ落ちる。さっきからカレンダーと時計を交互に見てはため息を繰り返していた。夏休み、これと言った思い出が無い。両親の里帰りに田舎へ帰ったくらいだろうか、ひと夏の甘い思い出とはとんと無縁である

「あぁ、せめて彼女がいれば楽しい夏休みだったんだろうな……」

郁人は所謂年齢=彼女いないと言う童貞で、まともに手を握った経験すらない。と言っても、まったくモテないという訳でもない。告白は年に数回される程度の顔面偏差値である。
では何故彼女が居ないのかというと……

「そういえば最近隣に越してきた奥さん、すげぇ美人だったな」

郁人は一人っ子で面倒をみてくれたのは年上の従妹や両親の兄弟たちだ。その中でも特に面倒をみてくれたのは、母親の妹の美奈子(みなこ)さんである。
思えばそれが初恋だった。
同級生に興味はない。自分よりも一回りくらい歳の離れた女が理想である

その理想の人がつい最近隣へ越してきた。
隣の土地は、昔爺さんが一人で暮らしていたのだが、病気で死んで誰も住む人が居なくなったから取り壊された。それから暫く空地だったのだが、いつの間にか新しい家の着工が始まっていた。その工事も先月終わり、今月頭にその夫婦は引っ越してきた
三十歳くらいの若い夫婦だ。夫の身なりから一流企業に勤めている事が窺える

一見セレブのように思えるのだが、奥さんの方は控えめである。腰まで届く長い艶やかな黒髪、雪のような白い肌、笑うとえくぼが出来るのも愛らしい。白いブラウスを押し上げている胸はかなり豊かな曲線を描いている。まさに清楚と言うにふさわしい。
(たしか、恵美(えみ)って呼ばれていた気がする。いいな~俺もあんな美人とヤってみてぇ)
 
もうとっくに切れた集中力は隣の美人妻のことで頭がいっぱいである。もうこれ以上集中出来ないと思い、気分転換にゲーセンでも行こうとクーラーを止め、カーテンを思い切りあけた
 
そこで思考が停止する
「……え」
目の前に写る光景、隣の奥さんがベッドの上で太いバイブを使ってオナニーをしていた。

うちの部屋の窓と隣の家の窓の距離はそこそこあるのだが、この部屋の窓の位置は少し高いため、隣の家の寝室くらいは見える。
普段は気を使って常時カーテンを閉めているのだが、こうして出かけるときは部屋の空気を入れ替える為に、カーテンを開け放つ。
暫く茫然とその光景を凝視していた。何よりショックだった。あんな可憐で清楚な人が、今は下半身を露わにして、その蜜壺へ無機質な機械の棒を抜いたり出したりを繰り返していたのだから。
しかし、ショックとは言え、理想の人。目が離せないのである。
いつの間にか郁人の股間の雄は猛々しく立ち上がり、先走りでパンツを濡らしていた。
恵美の身体が小刻みに震える。ピクピクと四肢を跳ね上げ、次の瞬間大きく痙攣させ仰け反った。絶頂を迎え何度も何度も身体を跳ねらせる。
一瞬、恵美と目が合った様な気がして、慌てて窓から離れる。

(今、一瞬目が合った……?いや、気のせいだと思うけど)

結局その日は出かけるのをやめ、悶々とした一日を過ごす。
次の日の朝、母親に起こされゴミを出して来るように言われ、渋々着替えた。昨日の一件で夜中よく寝れなかったから、今日は昼間まで寝る予定だったのだが……。
玄関に出してあるデカいゴミ袋2つ抱えて家を出た。

「あら、おはよう」

後ろから声をかけられる。透き通るような声だった。もちろんそんな声の主は知っている中で一人しかいない。
お隣に住む奥さん、恵美だ。

「お、おはようございます」

思わず言葉が吃る。昨日あんな光景を目の当たりにして、動揺しない方がおかしい。できるだけ平常心で恵美と目を合わせた。
今日も美しい姿をしている。艶やかな黒髪は花柄のシュシュでまとめ上げ、肩まで空いた服はいつもより色っぽい。恵美はにっこりと微笑んだ。

「今日も暑くなりそうね」

「そうですね。お盆過ぎたからもう少し暑さも手加減してほしいですよね」

他愛ない会話でゴミ捨て場までやってきた。ドサドサと2つ放り込んで、ふぅと息を吐く。

「あの……」

ゴミを出し終えた恵美が話しかけてきた。緊張で心拍数が上昇する

「なんでしょう?」

平常心、平常心。心の中で呪文のように唱えた。恵美はニコニコと悪戯っぽい笑顔を向けている。

「昨日……見てたわよね?」

平常心、へいじょう………そこで郁人の思考は完全に停止した。


隣の人妻



失踪した妻からの寝取られビデオレター ダウンロード販売



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# 自己紹介

羽生ゼノン

Author:羽生ゼノン
官能小説書いています。人妻、寝取られ、ハーレム、おねショタ、ファンタジー等執筆していきます。18歳未満閲覧禁止。
全物語はフィクションであり、実在の人物、団体名とは一切関係ありません。
サイト内の文章の著作権は放棄していません。無断転載等ご遠慮願います。

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
23099位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
547位
アクセスランキングを見る>>

#  

モッピー!お金がたまるポイントサイト お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。